石橋工務店
ご挨拶Greet

会社概要

石橋工務店は、大正10年、諫早の地で、私の曽祖父にあたる初代 石橋 重平が大工として建築の仕事に携わったのが始まりです。 私たち石橋工務店は、2021年に創業100周年を迎えます。
一般住宅だけではなく幅広い業務を行う工務店として成長してこれたのは、ひとえに石橋工務店を取り巻く多くの方々のおかげであると、感謝の念に堪えません。

創業当初から変わらない
"お客様とまっすぐ向き合うこと"
"職人としての心構え"
"はい。と言う素直な心"
"どんな状況であろうとも最後までやり遂げること"
を心に刻み、経営者を含めた全従業員が『あたり前のことを、あたり前に続ける』姿勢を大切にしております。

価値観が多様化する現代。家づくりもそれぞれの「ものさし」でお客様自身にフィットする暮らしを選ぶ人が増えています。良い家、健康で安全な家、を建てるのはあたり前の時代。時代の流れに感覚を研ぎすましてきた石橋工務店だから、人と人とのかかわりあい、人と人との心のつながりや思いを共有し、共感することを大切にしております。そうしなければ、お客様が求めている最高の建物はできないと思っております。

我が国はこれから、少子高齢化に代表されるような様々な問題に直面しながら、低成長の時代に向かっていくことが予想されます。しかし、そんな環境下であっても着実な成長を続け、社員から、お客様から、そして社会から称賛される企業であるために、全従業員が一丸となって、全従業員の幸福、そして人々の生活を豊かにし雇用を創出し地域に社会に貢献していくこと。
それが、私たち石橋工務店全従業員の使命であります。

もちろん代表である私自身も、常に謙虚の姿勢を忘れることなく、率先垂範をもって社員とともに成長していく所存でございます。

どこよりも社員が輝く会社であり続けたい。社員のひとりひとりが、夢をもって未来に挑戦し、時代に先んじて変化し続け、日々感動を味わいながら成長し、社員全員が充実感と達成感を味わい幸せを実感しながら仕事に打ち込むことができる。その結果として、会社は社会に貢献し、必要とされ、永続しなければならない。
社員全員が 『 石橋工務店で働いてよかった 』 と心から言えるような企業でありたい。そうならなければ、お客様に最高のサービスを提供することも、企業価値を高めて社会に貢献することもできません。

創業 100 周年に向かって、これからも、社員に、お客様に、地域に、社会に貢献、称賛される企業でありたい。
-「A BRIDGE OVER THE FUTURE」
私達、石橋工務店は未来への架け橋を築きます。


平成29年5月30日
株式会社 石橋工務店
代表取締役 石橋 光成

ASJ

現地見学会のお知らせ

最新施工事例

お問合せ