石橋工務店
季節を呼吸する家Draw HOUSE breath

季節を呼吸する家

日本特有の高温多湿気候に最適な住宅は木造住宅です。
その歴史は紀元前までさかのぼります。
長い歴史のなかで、自然と共存・共栄する為に様々な工夫を凝らしながら進化してきました。
茅葺屋根、土壁、漆喰、長い軒…
「季節を呼吸する家」は伝統的な木造建築の知恵と、
現代の科学技術を組み合わせたハイブリッド型木造住宅です。
石橋工務店の歴史は木造住宅に携わってきた歴史です。
昔ながらの木造住宅は自然素材で「夏」を基準に作られました。
日差しを遮る長い軒、風が通り抜ける間取りなどの工夫で涼しく快適に過ごせます。
その分、「冬」は隙間風が多く、暖房器具を使っても熱が逃げやすく温まりにくい家になってしまいました。
季節を呼吸する家
高気密・高断熱住宅は逆に科学技術で「冬」を基準に作られたもの。
密閉空間を作る事で寒気を遮り、内部の熱を逃がさない事で効率よく室内を暖められます。
その分、シックハウス対策で 24 時間換気扇の設置が必要になりました。
また、「夏」の日差しが入ると熱の逃げ場がないので、エアコンは必ず稼働させなければ過ごせません。

両方の長所・短所を知っているからこそ、自然を生かして夏も冬も快適にする ISIBASI オリジナル工法「季節を呼吸する家」が生ま れました。
季節を呼吸する家

季節を呼吸する家

季節を呼吸する家

高気密・高断熱住宅の一定の気温に保たれた快適な環境が、実は健康な体へ悪影響を及ぼすこともあるという事をご存知ですか?
現代では、快適さの為にエアコンを年中稼働させ、室内を年間を通して一定の気温に保つ傾向にあります。
エアコンに頼りすぎると、汗をかく汗腺そのものが退化します。汗腺が退化し汗をかかない体になると、冷え症や免疫力の低下など様々な障害が起こってしまいます。子どもの場合は3歳くらいまでの環境で汗腺の数が決まると言われています。
「季節を呼吸する家」では、エアコンに頼らない程度に適度な気温に保つことで、あなたの健康を守ります。
また、エアコンの使用頻度を下げることで、省エネにも繋がります。
季節を呼吸する家

季節を呼吸する家

人も動物も植物も呼吸をしながら生きています。木は木材になってからも呼吸を続けています。木造住宅でも呼吸をさせる事で、木材本来の調湿機能や防露性を発揮することができるのです。
この木材本来の機能と昔ながらの土壁の原理を応用した、透湿する素材を使うことで、クリーンな空気環境をつくります。
また、水に溶けやすい化学物質や臭いも湿気と一緒に排出してくれます。
季節を呼吸する家

季節を呼吸する家

30 歳で建てた夢のマイホーム。あなたは何歳まで住み続けたいですか?
木造住宅の寿命は30年・・・そんなことも言われています。
木造住宅の多くが、建て替えなどの為に早くに取り壊されているのが現状です。
でも、本来の木造住宅の寿命はもっともっと長い。それは世界遺産でもある木造建築物が教えてくれています。
「いいものを長く使って欲しい」そんな願いから、愛着を持って長く住み継いで頂ける家づくりを行っています。
季節を呼吸する家

ASJ

現地見学会のお知らせ

最新施工事例

お問合せ